住所不定で失業保険?(傷心土地探し3)

手当を受け取る為の第一歩、失業保険説明会に行ってきました

群馬県太田市では1時半~4時までの2時間半の説明(内ビデオ40分ほど)

人の多いところは得意でない私は知らない人が狭い机に密着して座らせられるこの手の説明会は本当に苦手

今回は短時間なので教習所の授業に比べればさすがに余裕だろうと思っていたのだが

隣に座ったおっさんがタバコ臭くて臭くて途中で席を変えてもらえないか職員に頼みたくなるレベルでした

昔からなぜかこういった貧乏くじをよく引くんだよなぁほんと糞人生

って言いながらも5年前は自分も喫煙者だったわけなんですが

今では少しでも臭いがすると息を止めて小走りになるレベルで大嫌い

車上暮らしで失業保険を受けられるのか

失業保険の受け方についてはここでは書きませんが

結論から言うとおそらく不可能だと思います

まず指定された回数就職活動をこなさなければならないわけですが

これについてはどこのハローワークでも可能なようです

帰りにしっかり職員の方に活動内容を報告して記入してもらえれば問題ないそう

そしてその後認定日にハローワークに行くわけですがこの時現住所の管轄のハローワークに行く必要があります

その際住所の確認できるものが必要で最低でも郵便物などを見せる必要があるとのこと

車上暮らしを始めて数か月は前の住居の郵便物を見せてやり過ごすこともできそうですが

何か月も経った郵便物をその後も提出し続けることはさすがにできないんじゃないかと思います

職員が気付き最悪の場合不正受給として扱われ受給額の返金+受給額の2倍の支払いを求められるかも…

どうしても生活が苦しい場合はハロワで住居支給利用や役所で住宅支援給付するのがいいんじゃないでしょうか

今現在の私の場合ですがこのまま3人分の家賃8万を払うわけにはいかないので

住民票を移せる当てがない状態ではありますが来月から車上暮らしを始めつつ小屋を建てられる山林を探し

初回の認定日には前住所に帰ってきてまたどこかで土地を探しながら別のハロワで就職活動回数を稼ぎ

無事土地を見つけられたら前住所に戻ってきて転出届を出し新住所へ住民票を移す作戦です

元妻が家の片づけに時間がかかる為最悪一か月か二か月間は前住所に住民票があっても問題ないのが救いです

別荘地は小屋暮らし・Bライフには向かないんじゃないか問題

結局山梨の家いちばの別荘地物件は契約破棄になったわけですが

(さんざんかき乱されたあと最終的に返信なしでした詳しくは土地探し2)

役所に問い合わせたところあの土地は自然公園法の中でも普通地域にあたるようで

特別地域にあたらなければ200㎡を超える土地の形状変更の場合と

延べ床面積1000㎡以上または高さ13m以上の建築の場合以外は届け出は不要なようです

家いちばの人に言われた伐採届も実は必要がなかったのですが別荘地管理会社に最終確認した時に

「管理規約をご高覧ください」の一言しか返ってこず

規約を読んだうえで心配だから質問してるのに塩対応すぎて一気に幻滅

規約に指示に従わない場合後から費用を請求できるといったような内容が2、3あった為これは後でトラブルになるなと

ちなみに場所は鳴沢村の紅葉台センチュリービラという別荘地

このあと各地域の別荘地の土地も探しまくりましたがそもそも小屋暮らしに別荘地は合わないんじゃないかと思いました

お金がある人はいいですがこの暮らしをする理由の一つとして無駄な出費を減らすという部分があると思うので

土地が安かったとしても1年で数万円管理費・工事保証金10万(問題がなければ返金)・施設維持管理協力費20万

大体どこもこういった費用がかかり3坪以下の小屋であっても建築するたびに上記の費用が発生するうえ

管理会社に工事届をいちいち提出しなければならないらしいです

優雅な別荘地での小屋暮らしを夢見てブログのタイトルを付けましたが

この夢は叶わなそうなので方向性が決まり次第改名しようと思います

追記:最後のやり取りから1週間後売主さんからの連絡が入りました

「契約成立からの一か月連絡がないのですが今どういう状態なのか心配なのですが・・・」

さすがに呆れました

なんと家いちばの担当者は一か月もの間何も連絡を入れていなかったのです

知らん顔するわけにもいかないので私のほうから事情を説明し

謝罪しつつ契約のキャンセルを申し出たことを伝えました

そして数時間後家いちばから私のほうにメールが来ました

「メッセージボードのコメントも拝見しました 正式にキャンセルということで、お承ります

なお、別荘地に対する理解が、あなた様のお考えではちょっと違うかと思います」

目を疑いました

まずお待たせしてすみませんと謝罪の言葉があるのかと思いきゃ客の批判をしだしたのです

この方は代表を務めているらしいですがこんなレベルでもやっていけるなんて逆に勇気をもらいますね

この後もチャットで数回やり取りをしましたが私たちへの謝罪は一切なく自分を肯定する言葉ばかり

家いちばは絶対におすすめできない不誠実極まりない仲介業者です

・一週間に1度返信が来るのかこないかひたすら待つことになり催促しようにも電話はかかりません(最悪一か月放置されます)

・メールの内容は読んでいないもしくは読んでいたとしても覚えていないので相談はするだけ無駄

・契約してから情報の後出しをされこちらの計画は全く無意味になります

車上暮らしをしながら安い山林を探す(ホームレス)←今ここ

その後も毎日ネットで安めの土地・中古住宅を探し回りましたが希望する土地は見つかりませんでした

そもそも借金があり予算がほとんど出せないのが問題ですが

最悪土地だけ手に入ればそこに無理やり住民票を置くことは可能らしいので

生活できそうになくても郵便だけそこで受け取って車上暮らしにシフトするのもありなのかなと思っています

今までネットでしか探していなかったので直接不動産屋に行くことによって良い土地が見つかるのを期待

ちなみに現在も離婚の傷は癒えていません

毎日3人仲良く暮らした時の思い出がふとした瞬間に頭をぐるぐるとかき乱します…

おまけ:FX長期収支報告コーナー

損益としては入金額とトントン残高は約1年で倍以上ですが絶賛含み損中…

もう何か月も余剰証拠金20~30を行ったり来たりしています

手法というか運用法としては薄ーく広ーく張ってナンピン

トレンドが逆に向かっているようなら両建てして維持率と利益を出しつつ戻ってくるのを待つ

一番最初は短期で入りましたが絶対いつかやらかしそうだと思ってもう怖くてやってません

基本ほとんど放置の超長期運用なので一番長いポジションで9か月前の10/24

まぁ悪く言えば単なる塩漬けですがね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。