アドセンス報酬で失業保険が減額?減額回避の裏技?

私は約2週間前ついにアドセンスに合格することができました

現在無職でしかも借金のアルミですので少額でも貰えれば本当に助かると思いました

しかしブログ収入は内職扱いで支給額が減額されるという噂を耳にしました

せっかく広告収入が生活の足しになると思ったのにその分減額されたら意味ないじゃマイカ!

しかし検索して見ると減額されると書いてあるサイトもあればされないと書いてあるサイトもありました

申告しなくていいなんて書いてあるサイトすらありました

しかし

虚無の申告をした場合3倍返し

つまりもらった分以上の金額を支払わなければいけないと説明会で聞いていましたのでそんなことは怖くて絶対にできません

ちなみのFXや博打ギャンブル等の収入は申告不要だそうです

ギャンブルの方が圧倒的に報告すべきものだと思うんだけどなぁ…

実際に聞いてきた

本日初回の認定日だったので直接ハローワークで聞いてきました

初回は5日分だったので25000円のみ…

結論から言います

一定額を超えた金額分支給額が減額

されるようです

一定額が何かと言うとそれは人それぞれで

前職の給料によって限度額が決まるようです

詳しい計算式は分かりませんが

私の場合1日に約1900円までの広告収入は減額を受けないそうです

ちなみに私の前職の給料は23万ほどでした

でもブログ収入なんて毎日変動しますよね?

400円でしょんぼりする日もあれば2000円を超えてその日のブログが捗る時もありますよね?

じゃあ2000円の日は100円減額されるのかぁ…

と思ったらどうやらこの数字はあくまで日割りしただけで

結局はこの日割り×30の合計をその月の収入が超えていなければ減額はされないみたいです

ということは私は今の所これくらいのアドセンス収入

小屋暮らしブログ アドセンス開始約一週間の結果公開

ですので

このままいけば限度額に収まりそうです

一安心…

各自治体によって対応が違う

しかしこの記事を見て自分のところもそうだろうと決めつけないでください

実はこの問題はかなり扱いにくいらしく

今日の私の担当者も終始頭の上にはてなが付いている状態で

「収入があるとは言え仕事として就業してブログを作っているんじゃないですよね?」

「はい、あくまで趣味で始めたものです」

そもそもGoogle AdSenseの説明から始めなければならないような状態でした

「じゃあ何も書かなくていいです」

!!

そうなんだ

すんなり進んでラッキーと思ったら

横で別の人を対応していたいかにもインターネットに詳しそうなお兄さん(偏見)が割って入ってきて

「ちなみにいくらの収入ですか?何時間ですか?」

と質問されました

私は現在分かっているだけの報酬と

書き込み作業自体は1、2時間ですと伝えました

お兄さんはメモしながら「実はブログ収入は不労所得で就労に当たるのか時間や金額によっても変わってきます

私どもでは判断がつかない曖昧な問題ですので上の労務局?(なんと言っていたか忘れた)に確認を取らせてください」

と言うことでその場はそのまま終わって次回結果がわかる筈だったのですが

数時間語にお兄さんから連絡がきました

「毎日1時間以上の作業が発生していますのでやはり内職としてカウントされます

申告書に×印を付けて次回お持ちください」

ここで先ほどの内容も報告されました

もし限度額に達していなくても更新作業を行った日は必ず内職の×印を申告書に書かないといけないそうです

今回このお兄さんは上に確認をとりましたが

こういった詳しい方や仕事熱心な方以外の担当者だった場合結果が違っていた可能性があります

おそらく実際にブログ収入があるのに担当者に申告の必要はないと言われた方もいるのではないでしょうか?

ブログで収入を得ている無職なんて絶対数が少ないでしょうから当然っちゃ当然なんですが

もう少し対応方法を統一してほしいものです

じゃあ受け取らなかったらどうなの?

もうちょっと突っ込んだ質問もして見ました

現在私はアドセンスに合格したばかりでPINでの住所確認が取れていない状態です

到着は数週間かかる場合もあるそうです

実際に報酬が振り込まれるのは当分先になるでしょう

その場合はどうなのか聞きました

実際に振り込まれないと収入として判断されない

住所確認が終わって纏まって数ヶ月分入ってきたとしても実際に振り込まれた月以外の収入は減額対象にならない

ちょっと分かりづらいかもしれませんが

あくまで就労や手伝い内職をした場合報告義務があるだけで

二つ目の条件である収入が発生していない以上減額の対象外になるとのことです

意図的な失業保険減額回避方法

勘がいい方はもう気づいているかもしれませんが

失業保険期間中住所確認を済ませなかった場合は?

アドセンスの支払いを一時的に保留した場合はどうなるのでしょうか?

AdSense のお支払いを一時的に保留する

AdSense のお支払いは最大 1 年間保留することができます。一時的な保留を選択すると、指定した日付まで Google からのお支払いは停止されますが、収益は継続的に集計され、残高に加算されます。指定した保留期限までにアカウントの残高がお支払い基準額に達しており、アカウントで保留になっているお支払いが他にない場合、保留の終了日としてご指定になった日の数日後にまとめてお支払いが行われます。

私は限度額を超えそうにないし関係ないのですが

興味本位で実際にお兄さんに聞いて見ました

「変な話意図的に遅らせてもいいんですか?」

お兄さん「もちろん立場上良いとは言えませんが

その場合両方の条件を満たさない以上減額の対象にすることはできないですね

と言うことはつまり…

信じるか信じないかはあなた次第です

6件のコメント

  1. イノシン

    正直者がバカを見る・・って世の常ですけど、正直でありたいですよね。上手く立ち回って下さい!「バカ正直」になる必要もないですから。
    小屋の建築費とかブログネタにした物はある程度確定申告で経費に計上できるんですよね?
    お金の話って何か見てて面白い。勉強になる。

    • KeppekiCamp

      多分それは個人事業主にならないとできないのではないでしょうか?…いや全く詳しくないんですけどねw
      そう言えば確定申告
      初めて自分ですることになりそうですねよく考えれば
      かなりめんどくさそう…

  2. ブロガー

    この記事は何がいいって、高い検索順位が期待される所です
    元来このブログは検索流入の読者が少ないです
    検索流入を増やすには検索順位が高くなる記事を書く必要があります
    心情を綴った記事より、とっておきの情報を載せた説明記事です
    この記事は検索流入による新規読者を獲得できます
    検索流入読者は常連読者より広 告 をク リッ○する率が高いです
    説明記事は常連読者がシラケてしまうリスクがありますが
    本記事のように面白く書けば常連読者を満足させながら新規読者を獲得することができます
    たまにでいいので説明記事も書くことをお勧めします

    • KeppekiCamp

      ありがたいことですが今の所ほとんど寝太郎氏経由のアクセスで
      検索ワードは小屋暮らし以外ほとんど機能してないような状態ですからね…
      確かにそういう記事もバンバン書きたいところですけど説明出来るほどうまく行っていることなんてないですからね…難しいとこです

      • ブロガー

        いや、Keppekiさんは特殊分野に自然と詳しくなってるはずですよ
        ホームセンターの品揃え、軽トラックの制限時間延長料金、国道○号線沿いの清潔な銭湯
        スーパーの値引きの時間、飲料水の値段
        ツーバイ材ならここで買え等、ブロック、ベニヤ板、波板の値段にも詳しくなってるはず
        Keppekiさんにしか書けない記事はたくさんあります

        このときタイトルがとても重要です
        オススメ〇〇ランキング
        〇〇一覧(100円以下の食パン一覧等)
        得する裏技
        などクリックしたくなるようなタイトルをつけるといいです
        今日のこの記事のタイトルも「アドセンス」というパワーワードを組み込みたかったところ…

        何かヘマをしたときに写真を撮る癖がついてきたとおっしゃってましたが、それと同様に営業時間やら値段やら大きさなど様々なスペックを撮影したりメモしたりする癖もつけるといいです
        実際に記事を書くのはデスクトップPCが稼働してから暇なときに取り組めばいいと思います

        心情記事はアクセス数が徐々に落ちていきますが説明記事は1年経っても2年経っても収益を生み出しますので、プロブロガーとして頑張って取り組んでみてください

        • KeppekiCamp

          詳しくアドバイス頂いてありがとうございます
          是非今後の記事作成の参考にさせてもらいます
          早速タイトルを変えてきました

          実は個人的にも私が実際に得たお得情報や周辺のお勧めスポット
          激安銭湯やシャワーのみつけかたなどは実はすぐにでも共有したいと思っていたのですが
          行動範囲などの特定の材料になりかねないので見送った経緯があります
          このブログが全然見向きもされなくなった頃にひっそりと書こうと思います

          逆にいっそ公開してしまうってのも手なんでしょうけど
          一応近隣の方達がいるし難しいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。