きっかけは離婚

先日、人生最初で最後のファミリーキャンプに行ってきました

気づいたらここ数年、暇つぶしはもっぱらYouTubeになってまして
オンラインゲームやPCゲームにしか趣味がなかった私が
最近は毎日のようにYouTubeでキャンプ動画を見ていました
(私は見ていませんが、ゆるキャンという漫画のおかげもあってか
YouTubeはプチキャンプブームで動画が沢山あった)

おしゃれキャンプを夢見て

一カ月もするとインドアのはずの私が、実際にキャンプをしたくなっていました
毎日の会社と家の往復に、上がらない生活水準
俺はこんな生活を続けたいわけじゃないとストレスを抱えている中
したいことはすぐになんでも試した方が人生経験になる
そんなような話をどこかで見た私は「よし家族キャンプだ!」と、すぐに決意
とにかく今の環境を変えたいと思っていたのでしょう
家族3人で毎週どこかに行くのが日課で
「ブーブーいくー!」と2歳ちょっとの娘からの催促に答えようにも
最近は流石に行くところもなくなりつつあったのでちょうどよいなとも思いました

玄関にアマゾンの絶壁

決めたらもうそのことしか考えられなくなるスーパー単細胞の私は
それからというもの毎日毎晩おしゃれファミキャンを夢見てamazonでギア探し
嫁にも相談しながら道具一式を2週間で一気に買い漁りました

借金があるというのに10万以上の出費になりました…
テントはとりあえず安めのにするはずが、嫁がこれ以外デザインが可愛くないというので4万という高額出費…

DOD(ディーオーディー) プレミアムワンタッチテント【グランドシート標準装備】 5人用 1年保証 T5-465
初期投資はつきものだと諦め、無料キャンプ場のある「かんなの湯」へ出発

舐めてかかった初めてのテント設営

土曜日ということもありフリーサイトはテントでぎっしり
運よく一か所だけ丁度開いてたのでそこに設営することに
さぁちゃっちゃとテント張って昼飯食べるべと
意気揚々と組み立て始めてすぐ考えが甘かったことに気づきました
わざわざ簡単なワンタッチテントを買って
動画で予習したのにもかかわらず全く組み立てられません
上の動画を見ていただければわかりますがぐっだぐだのぐっちゃぐちゃです
その日は結構な暑さで昼飯も食っていないので余計作業が進みません
荷物が片付かないのでお茶も出せず喉もカラッカラ
説明書を何度も読み直し何とか組みあがったころにはすでに夕方
結局そのまま夕飯を作ることになりました

もうぐっちゃぐちゃですね、おしゃれキャンプなんて夢のまた夢
買い漁った道具も使いきれず、動画や写真を撮る余裕もないくらいクタクタ
でもみんなで大自然の中、飯食って温泉入って超幸せでした
同じくインドア気味な嫁もやってみたら良かったでしょ?と聞くと
「思ったよりはね~焚火はもともと好きだしね」と

しかし次の日ちょっとしたことで一緒に来ていた私の母親と喧嘩
言いたいことを素直に言い合う家庭で
昔からよくケンカしていたのでいつものことだと特に気にも留めず

片付けとくから送ってやればと嫁と子供が私の母親を送ることに

嫁の本音を聞いて絶句

そして今回のキャンプの反省点をいろいろ話ながら帰宅
片付けを済ませ、夜な夜な撮影したカメラと道中のドラレコをチェック
するとなぜだかドラレコのほとんどの動画に子供と嫁の音声が
バグっているのか同じ会話の繰り返しが延々と
「パパ嫌い、パパのとこ帰らない」「じゃあどこいくか?(笑)」
正直最近パパ嫌いがひどくなってきてなかなかお風呂も入ってくれない状況だったので
その時はそこまで気にしていませんでした

日付がくるっているので道中の動画を当てずっぽに開いて探していると母親を送る時の動画が
なぜかその動画は音声が上書きされておらず
母親のいつもの愚痴に釣られて
「本当キャンプとか面倒、もう40だし疲れる」
この瞬間は、なんだ嫁も日ごろのストレスが溜まっていたのか位に思いました
そこから次々と
嫁「二度と来たくない、友達がいないから付き合ってあげてるんだから」
「毎週毎週一緒にいるの本当疲れる」
「ゆうこ(仮名)もパパよりこの人のほうがいいって言うもんねー」とジャニーズのDVDを見ながら
「毎日返ってきて会社の愚痴聞きたくないし、嫌われてるのあんたでしょ」
「こないだも有休使って休むとか言ってて、嫌なんだけどちょっとでも一緒にいたくないのに」
「亭主元気で留守が良いって本当だよね」

…俺はなんの為に自分の意思を押し殺して毎日毎日したくもない同じ作業をして働いていたんだ
何のために借金までして車買ったり家まで買おうとしていたんだ
愚痴も言わず休みも家にいてほしくない
金だけ運んで来いとでもいうのか
今日楽しかったのは俺だけなのか
とんでもない虚無感に襲われました

すぐに嫁を呼んで経緯を説明し話し合いました
嫁は今はもう情しかない、どうしたらいいかわからない
出会ってから15年近いのでしょうがないとも思いましたが
同じように夫が邪魔者扱いされ歳を追うごとに家族崩壊していっている人たちも見たことがあります
このままの気持ちで一緒にいるのはお互い人生を無駄に消費するだけだと思いました
だったら別かれたほうが良いのじゃないかと
お互いの為なのじゃないかと

幸い嫁の家庭はそこそこ裕福でお金には困りません
嫁は実家依存症で事あるごとに実家に帰っていました
毎日母親と一緒に夕飯の買いだし、昼は電気代がもったいないとか言って実家に入り浸り
というのも特にしたいことが無かった私が
嫁の実家の仕事を手伝いたいといって近くに住んでしまったのが間違いだったのかもしれません

自分に正直に生きよう

もう仕事もやめて車を売って家賃から解放されて田舎で小屋でも建てて自分の為だけに、自分に正直に生きよう
もうどうせ崩れるものを築き上げるのはやめよう、そう思いました

しかし子供は大迷惑です
いずれ自分の家庭だけ父親がいないことに気づくでしょう

私も4、5歳の時に浮気した父親が家を出て行ったのを鮮明に覚えていて
自分の子供には絶対に同じ思いはさせないと誓って生きてきました
しかし子供は自分のことを嫌いだと言っています
2歳なら私の存在自体忘れることもできるでしょう

でも同じように甘やかされて嫁と同じ性格に育ってしまうのではないかという心配もあります

だからと言って仕事だけしてきた私が子供を一人で育てられる自信もなく
そもそも嫌いな父親についてくるわけはありません
しかも育てるほどの財力はありません
あるのは別れて残る借金だけです

正直子供のことについては消化しきれていません
でもこのまま一緒にいるよりは幸せなんじゃないかと思うわけです
数週間たった今でも子供の動画を見ながら、もとに戻れないのかなぁとか
一緒にいろんなところに行って遊んだ日々や
抱きかかえてお風呂に浸かって、いつまで一緒に入ってくれるのかなぁ
なんて思っていたことを思い出します

妻との楽しい思いでもたくさんあります、感謝もしています
別れるくらいなら最初から結婚なんてしなければ良かったとも思いましたが
前向きに考えてこれも人生経験だと思うことにしています
普段文章なんか書かないのもあって
きっかけを書くだけのはずが、初記事から纏まらず長文になってしましました、すみません
ブログにして気持ちを整理しているのかもしれません

次回はせっかく買って一回しか使っていないキャンプ道具のレビューか
土地探しの記事でも書こうかと思います

3件のコメント

  1. お世辞ぬきで凄い男らしい決断だと思います
    ショックで病気になる人や
    世間体のため死んだフリして生きてる人も少なくないのに

    小屋暮らし系は憧れます
    長く続いてる人程、
    たまに外食したり実家寄生したりなどムリはしてない様子です
    ムリのない範囲で頑張って、好きに生きてください

    • KeppekiCamp

      Bライフや小屋暮らしと言う生き方に出会えたおかげですごく救われたと思います
      きっとあのままアパートに引きこもっていれば立ち直れなかったように思うし
      もしあの時離婚せずにお互い我慢しながら暮らすことを選んでいたら今の私はなかったわけだし
      子供になかなか会えないのは本当に辛いですが
      明らかにあの頃の自分と今の自分に変化を感じています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。