虫嫌いが山小屋暮らしするとこうなる

突然ですが問題です

この画像のどこに虫がいるでしょーか?

…ビスに紛れて分かりづらいですね

こいつは先日紛れ込んだゴキブリみたいなやつ(未確認)

なのですが着替えたりいろいろしているうちにどこかに消えてしまいました…

我が小屋は資金難のためボードを張りっぱなしな訳ですが

扉を開けるたびに紛れ込む虫たちのせいで

しょっちゅうビスと虫を見間違えるようになりました

密室で殺虫剤を撒き散らす訳にもいかないので

ライトに集まってくるのを待ちティッシュで捕まえています

いつものように寝落ちして夜中に目を覚まし

天井のたくさんのビスが虫に見えてゾットすることもしょっちゅう…w

虫のトラウマ

というのも私は東京で生まれ両親が離婚し

小学校低学年でさいたまに引っ越し

虫なんて毎年1回か2回の墓参りの時くらいしか関わることはありませんでした

夏休みおじいちゃんの家の台所にアリが群がっていたこと

湯船に浸かりながら風呂場の天井にいるゴキブリに怯えたこと

カマキリの卵が玄関で孵化したいとこの家に泊まったこと

未だにトラウマとなっています

大人になってからも東京を転々とし

結婚したときに群馬に行きましたが見たことない虫や数の多さデカさにびっくりしたものです

大嫌いなので自ら窓を開けることすらめったにありませんでした

虫と共存する

そんな私が離婚し山に暮らしをすることになったわけです

そんなんで山に住めるわけ無いだろと思われるかもしれませんが

住めます

というか住んでます

外に出ればそこら中にいろんな虫がいてこんなキモい蜘蛛いますが

一言で言うと慣れます

諦めます

好きにはなりませんがここで暮らすにはある程度の虫との触れ合いは受け入れるしかありません

綺麗に伐採し草刈りも徹底的に行えば別ですが…

小屋の建築中はテントで暮らしていましたが

最初は相当苦難しました

テントから漏れた光に大量の虫が寄ってきて朝にはテントと防腐剤を塗った下地の間で大量に死んでいました

幸い私は全く蚊に刺されない体質?なのですが

作業してればハエはブンブン顔に飛んでくるし

ハサミムシが材料の間に入ってきて勝手に潰れてるわ

カメムシが道具の隙間に入りまくるわ

密閉性が高いテントですがいつの間にかテントに入り込むこともありました

テント暮らしで大分鍛えられたのもあると思います

冬からは小屋に移り虫のいない生活を遅れると思いましたが

どこからともなく毎晩カメムシが出没し悩まされることもありました

バルサンをたこうかと思いましたがそんなお金もなく

隙間テープを扉に増やしてみたり

百均でカメムシが嫌いだというハーブのエッセンセンスオイルと

消臭スプレーを買ってきて撒きまくったりして対策しました

虫は食べれる

ネットで調べていたときカメムシを食べる人がいるという情報も目にしました

カメムシとパクチーが同じ匂い成分とかなんとかで

パクチーの和名はカメムシソウというんだとか

割とパクチー好きの私はそれを見て少し気が楽になりましたw

食べないけどw

こういう情報が入るだけでも虫=汚いという私の固定概念が少し和らぎました

しかし毎日私のションベンポイントに間違えてやってくるミツバチを見るとやっぱり虫は汚いと思う…w

 

最近井上咲楽が虫だけ食べて生活するというナスDの企画を見ました

衝撃映像の連発でしたが本当に虫は栄養価の高い食料になることを証明しています

フリーズパックされた虫やチョコをコーティングしてある虫を

道中に遭遇する虫が嫌いそうな一般観光客たちが次々に美味しいと試食しているのをみると

いかに私達が固定概念に縛られて生きているのかがわかります

普段みんながなんの疑いもなく食べるカニやエビなんかも当たり前になっていますが

なんの情報もなかった昔の人達は初めて食べるのに絶対躊躇したんだと思います

きっと10年20年もしたら虫を当たり前に食べる世の中になっているかもしれません

とはいえ今のところは本当に困ったときにしか食べようとは思いませんけど…w

虫との生活

私は今や虫と暮らして虫と出勤しています

どうやっても扉を開けた一瞬の間に紛れ込んでしまいます

先日なんか車にそこそこでかい蛾が潜んでいて

あまりにも飛び回って集中できないので

山を下る途中でわざわざ停車して数分格闘

色んな所にきったねぇ粉を撒き散らされたこともありました…

梅雨になってかなり虫の量が増え

夜ライトを持って立ちションしに行くとどんどん虫が集まってきます

しかたないのでわざわざするときだけライトを消します

雨も降るので最近は小屋の中で済ませることが増えました

毎日何かしらの虫が私の小屋にやってきます

隙間が無いように作ったはずの小屋ですが

やはり素人建築なのでどこかに隙間があるのでしょう

近頃はちょいちょい蟻ん子が出没

最初は一匹二匹紛れ込んだのかな?という程度でしたので気にしませんでした

侵入ルートはわかりませんでしたが

網戸用の虫よけスプレーを入ってきそうな隙間に吹きかけたりするとしばらくは姿を見なくなりました

が数週間掛けてその数は増えていきました

感覚が麻痺している私は蟻だし悪さしないしと忙しいのも理由にほったらかしでした

先日にはついに捕まえても捕まえてもきりがないくらいどこからともなく蟻が出現

水汲みを終えて帰ってくるとはちみつに蟻の大群が…

すぐに群がった蟻を洗い流し

そこら中に網戸用スプレーを撒き散らしました

全員殺すのも不可能な数の蟻達

スプレーが効いたのか効いてないのかわからないまま

壁の中にどんどん吸い込まれて行きました

小屋裏にやってきた同居人

私の小屋は屋根裏の気密確保が面倒だった為

天井で気密を取り小屋裏は隙間だらけで半分外みたいなもんです

とはいえ雨の日も雪の日も最近までなんの異常もなかったのですが

どうやら最近何かが住み始めていたようです

壁際を行列をなして闊歩する大量の蟻達

どうやらありの侵入経路は屋根と天井の隙間のようです

しかしとんでもない数の蟻

そして物置になった狭い小屋裏

外は梅雨でドロドロ

まぁ蟻だし今の所実害ないしほっとくか…

と一度は諦めて脚立を降りる私でしたが

一応つなぎ目だけでもコーキングしておくか…と小屋裏に再ログイン

泥だらけの靴で小屋裏に潜り込み

グラスウールのあまりの山や野路板の端材をかき分け

めんどくせぇから群がる蟻ごとコーキングしてやりましたよ

汗だくになりながらホコリとグラスウールの粉が舞う中数十分格闘

最後にはくしゃみが止まらなくなり鼻水を垂らしながら必死に脱出

必死過ぎてケツがコーキングだらけに…

その甲斐あってか最近は有りの姿を見かけなくなりました

それから小屋裏は確認していませんがきっとあそこに結構な隙間があったのでしょう

結論

虫嫌いでも山小屋暮らしはできる!

2件のコメント

  1. どらねこ

    楽しい(?)レポートありがとうございます。
    もっと慣れて、虫とも添い寝できるようになるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。