当たり前の日常(現地入り2)

疲れ果てて寝たはずが天井に雫が叩きつけられる音と傾斜になった車内で何度も目を覚ます

普段は一度もトイレなど行かずに夜を明かすのだが

4時ごろになって寒さとコーヒーが効いたのか小便がしたくなって完全に目が覚めてしまった

しょうがなく立ちションしに行こうと数歩歩くと

「ピャッ!ピャッ!」

目と鼻の先で何かの鳴き声が聞こえる

おそらく鹿だろう

身の危険を感じてすぐ車の陰に隠れて息をひそめる

少し離れて行ったのですかさずその場から自分の土地に向かって立ちションした

車から離れてしたかったのだがやむ終えない

結局6時ごろまで寝たり起きたりを繰り返しほとんど寝れずに目を覚ます

今朝の拠点

今日はまず沢の確認から行った

上の写真の箒みたいなやつを片手に探索開始

始めてすぐ斧じゃなくて先に鉈を買えばよかったと後悔

水量はかなり少なく実用性は低そう

しかも水源をたどるとあまり綺麗とは言えない所を通っているのも気になる

近いとは言えこの斜面を毎回くだらないといけないのもかなり面倒

少し先に行ければたっぷりと注ぐことができるのだが…

ちなみにさらに奥にもう少し大きな川があるのだが

斜面がさらにきついので降りる気にすらならない

先日貼った上の道路側から紐つけてすくえないかとも考えたが

手元に来る頃には虫と草だらけになっていそうだ

まぁ何度か試して行くうちに良いルートが見つかればいいのだが

やはり遠いがキツイ坂道を徒歩で10分くらいでいける湧き水が一番清潔だろうか

どちらにせよよく見ると土が浮いているので飲み水にはつかいたくないが

上流の別荘地には定住者がほとんどいないらしいのでおそらく綺麗なんだろうけど

最低でも浄水してからのみたい

もう少し近場に側溝に流れて来ているポイントもあるんだがこれは多分汚いよね?

情報収集

この後一旦作業を中断して隣人のおっちゃんに周辺案内や管理事務所に連れてってもらった

そこで電気引き込みを紹介してもらえば8万くらいで済むというので紹介してもった

登記までは工事はできないが事前に準備しておけばスムーズにことが運ぶだろう

登記見積もりも本日来たので明日は午前中で作業を切り上げて振り込みに行く予定だ

ついでに真冬はやっていないし600円だが山の方にも日帰り入浴出来る所を発見したし

おっちゃんが言うには街に格安で入れるところがあると言うので今度行ってみよう

以外にGoogleマップや検索を駆使しても見つからない日帰り温泉って多いんだなぁ

戻って来てすぐ車をソーラー発電できる場所に移動するため昨日ぶつけた

側溝を一時的に埋めた

砂利と土で車輪が空転して焦ったがなんとか脱出できた

そろそろ残り電力がやばい

この山林は日が断続的に入る様な場所がほとんどないので現状のままだとソーラーが役に立たない

今は不便だが車を遠くに置いて作業するしかない

枯木や邪魔な枝をどかす作業

なんとなく使えそうなスペースや通り道になりそうな場所を適当に片付けた

Before

after

まぁみても多分よくわからないだろう

今日は沢山歩き回って探索し土地を踏みならし

なんとなく自分の土地なんだという意識が湧いて来た

野生でいう縄張り意識的なものだろうか

傾斜を歩くのも慣れて来た

今の所楽しさやワクワクは思ったより少なく

淡々とできることからしているという感覚

期限が押し迫っているというのもあるが

おっちゃんが言っていたが

「永住するということはアウトドアやキャンプで遊びに来るのとは全く違う

元々好きな事だが今は楽しさなんてないよ

全ての作業があくまで日常の事だから

今はもう生きる為に当たり前にやっているだけ

近くに住んでると観光スポットにすら行かない」

何をするにも最終的には当たり前がやって来てしまうんだろうか

虫も不思議とだんだん気にならなくなって来た

まだ1日ちょっとだがここで生活すればするほど潔癖ではなくなって行く気がする

この山は話によると蚊はいないがアブが多いらしいが

今の所どこに行ってもハエが鬱陶しいくらいで

蜂はいるものの実害のある虫は殆ど見当たらない

日光のため枝切りはしたいが雑草はそこまででもないので特にては入れない予定

使いやすい同じ経路何度も使えば獣道もできるだろう

仮トイレ?物置?作成

500円の農業アーチポールを適当にぶっ刺して

適当な木を探して麻ひもで固定

ブルーシートをかけて

石や適当枝ペグで固定して完成

強度は不明

便座を作ろうと思ってツーバイ12フィートを買ったんだが結局和式スタイルに変更して使ってない

身体が拒否してるのか今の所まだ一回もうんこしてない

小便は立ちションかバケツの外に出せば問題ないかなと思ってる

あくまで一時的な仮設トイレだし使いながら考えよう

ちなみに一番安いブルーシートにしたんですでに穴空いてます

水汲み

きつい坂を登って湧き水で本格的な水汲みをしてみた

作業で熱くなった頭や顔を洗って最高にさっぱりした後

20リットル満タンにして来た道を戻る

たった10分程の道なのに重くて何度も休憩した

やはり車移動のついでに給水するべきか

なんとか到着して上半身裸になり水タオルで体を拭いてさっぱり

少し身を隠して着替えも済ませる

殆ど人なんて来ないのでとても開放的だ

セスキソーダで初めての洗濯をした
つけて置いて明日ゆすいで干そう

ちなみに飯は未だに水袋麺がメインだ

このまま主食になってしまう可能性すら出て来た

今日は昼も夜も水袋を食った

テント泊は危険

今夜は7時過ぎごろ真っ暗になってすぐから鹿か何かが遠吠えの様に鳴いてあちこち走り回っていた

熊や猪もいるらしいしおっちゃんが言う様に本当にテント泊は危ないと思う

せっかくの4万の5人用テントなんだが

昼間だけとか荷物置き場としてだけとか割り切るしかなさそうだ
昨日ー10度や膝下までの雪の話をしたが

いまのところの情報によると私の土地の敷地の前まで除雪車が来ないそうだ

おっちゃんは私よりさらに深部に住んでいるので

車を除雪される場所に置いて

毎朝雪の積もった坂道をスパイクで歩いて行って通勤するらしい

「この坂は地獄坂で我が土地は地獄の底だよ」と

笑いながら話していた

雪は大体1月から3月までがピークだそうで

チャッカマンやガスボンベは使えないことがあるレベルだという

マッチとガソリンストーブと灯油ヒーターをオススメされた

薪ストーブは好きなときに火が消せないので仕事の時などにすごく不便なんだとか

広大な敷地で薪取り放題計画も微妙な感じになってきたので

灯油ヒーターも一応検討して行こうと思う

この山は冬は寒いが夏の霧の時以外は湿気が少なく過ごしやすいとのこと

窓いっぱい 断熱材なし 床に除湿シートなし

つまり床は合板のみでコスパ重視で建てらしいが

カビなどの心配は今の所ないらしい

今日は久々に歩き回ってクタクタだ

ブログを書きながら寝てしまった

この充実感はいつまで感じることができるのだろうか

この日々もまたいつか当たり前になってしまうんだろうなぁ

14件のコメント

  1. からげあ隊長

    思ったよりも良さそうな土地ですね。
    写真だけ見ると、さほど傾斜度もなさそうに見えます。
    近くに沢もあるし、電気引き込み8万、人も来ない、これで25万の土地ならアタリじゃないですか!

  2. 通りすがり

    寝太郎みたいにカブで水汲みすれば無問題
    膝位の積雪もマイナス10度も大したことない
    冬はリゾバでぬくぬくすれば無問題

    • KeppekiCamp

      リゾバも考えましたがその間の積雪で小屋が潰れる恐れが…w

  3. 通りすがり

    普通に作れば40センチの積雪では潰れないよ
    異常気象でたくさん降ったら別だけど

    熊も本州のは犬が太くなった位の奴で人を襲ったりしない
    イノシンもしかり
    自分より大きなテントに突進なんかまずしない

    • KeppekiCamp

      そうなんですか
      少し安心しました
      鹿が間違って突っ込んで来たりしないですかね
      おっちゃんはきっと警戒心が人一倍強い人なのかもしれませんね

  4. 通りすがり

    鹿はもっと臆病で最初は出くわすけど
    人がいたらそのうち近づかなくなる
    ピーピー鳴いてるのは仲間になんか変なの居るから近づくなって言ってる

    間違ったなら知らないけどw

    • KeppekiCamp

      なるほど
      私が住んでも一人が二人になるだけなんで居なくならなそうですね

  5. 思っていたよりも積雪も穏やかで好発進のようで安心しました。建築確認うんぬんも役所に紙を出せば許可は下りると思うので、手間が多少増えるだけでそこまでのマイナスではないように思います。

    やはり近所の方に情報を貰えるのは心強いですよ。こういった生活では近所の方は大事にしたほうがよいです。それとブログも読まれる可能性があるので意識してあまり悪い事は書かないほうが良いでしょう。

    借金といいますが、すでに家賃、下水水道代が無いだけでも相当有利です。見ている感じ食費を切り詰めても大丈夫な精神を持ち合わせているのもかなり有利です。他の人はこれらだけで月5万~は最低でも強制で払っていますからね。家賃は借金とほぼ同じであり、不動産屋の管理費、大家の投資とその利子収益分の養分になっているのと何一つかわりません。

    ただ返済の為に数年は家賃のある生活と同じだけの仕事をしないといけないのが辛いところですね…やはり所有自動車の価値の低下と固定費が増大する前にまずは自動車の売却を狙いたいところではないでしょうか。

    • KeppekiCamp

      概ね同意です
      一種の投資みたいなもんですよね

      後は田舎で良い収入源を見つけられるかが問題ですが

      車は確か1.9 借金は12.8〜15の金利ですがそれでも車の売却は先がいいんですかねぇ…
      どちらにせよ先は長いです

  6. めっちゃいい土地

    広葉樹林、カッコいいですね。憧れます。
    建築資材に使えなくて不利なのかもしれませんが。
    杉や松は人工的な感じがして雰囲気が好きになれません。

    • KeppekiCamp

      最初はきれなくて残念でしたが
      実際に歩き回っていると切ってしまったらもったいないという気持ちが出て来ました

      おっちゃんはいつも木に守ってもらっていると言ってました

  7. 木登りしやすそうな木。
    登ってソーラー設置したり、
    ロープを渡して地面から洗濯物を上空に干せる工夫すれば陽当たり問題も解決ですね。

    • KeppekiCamp

      記憶では一度も木登りしたことの無い私にはかなり難易度が高そうな話ですが面白い発想ですね
      それができれば枝を切る必要も無くなりますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。